With me製BIG1用インナーダンパーkit&シールセット組み込みを考えて

 後でWith me製BIG1用ダンパーkitやシールセットを組み込むことは簡単だが、そうなると無駄なパーツがでてきます。
 無駄なパーツとは、交換して使わなくなるパーツってことです。
 私はこのようなケースも考えて、使わなくなろうであるパーツの部番や値段、その使用価値を探ってみました。
 この辺のパーツは、セッテイングの幅を持たせるためにも重要なパーツですから深く調査してみましょう。<実は貧乏背負うなだけらしい(笑)



  ケース1:最初にWith me製パーツを使用せずに、純正パーツでBIG1フロント足周りを作成した場合
       (この時に使用するパーツを以下の「純正パーツ」とする。)
  ケース2:最初からWith me製パーツを使用して、BIG1フロント足周りを作成した場合
       (この時に使用するパーツを以下の「With Me製パーツ」とする。)

1.シールセット(オイルシール&ダストシール)
  ○純正パーツ:部品名=シールセット、フロントフォーク/部番番号=51490-MZ1-305/希望小売価格=1,900円 左右で3,800円
  ○with me製パーツ:低フリクションシールセット(オイルシール&ダストシールセット) 価格=5,800円
  ○その差 2,000円
  ○純正パーツの今後の使用価値:オイルシールをボトムケースにねじ込むときの押さえには使えそうです。

 
 2.BIG1用インナーダンパーkit
  ○純正パーツ:部品名
     =ダンパーCOMP.フロント/部番番号=51430-MZ1-003/希望小売価格=14,400円 左右=28,800円
     =カラー、スプリング    /部番番号=51402-MZ1-003/希望小売価格=850円 左右= 1,700円
     =ナット、ロック       /部番番号=51451-KS7-003/希望小売価格=240円 左右= 480円
     =ボルト、フロントフォーク /部番番号=51454-MZ1-003/希望小売価格=1,900円 左右= 3,800円
     合計=34,780円
   注意:この純正パーツは電話でWith me の担当の人に聞いた内容です。
      実際は、インナーダンパーkitを購入した時に添付される説明書を見た方が確実でしょう。
      まあ、大わくははずれないでしょう。
  ○with me製パーツ:49,800円
  ○その差 15,020円
  ○純正パーツの後の使用価値:なし。中古で売りに出しても里子が見つかるか
不明過ぎ。私のようにパーツを全部頼んで組み上げる人にしか売れないでしょう。



  以上の調査をまとめると、
  ケース1:最初にWith me製パーツを使用せずに、BIG1フロント足周りを作成した場合=(3,800+34,780)38580円
  ケース2:最初からWith me製パーツを使用して、BIG1フロント足周りを作成した場合=(5,800+49,800)55600円  
  その差は17020円です。 

  しかし、約17000安くあがるからと言って、ケース1を実行し、後にケース2のようにWith me製パーツを組み込んだ場合は、新たにケース2分の金額がかかり、ケース1のパーツは未使用となり無駄になるので、実質ケース1分の金額約38000円程が無駄になるということでしょう。

  これは17000円上乗せしてでも、最初からkitパーツを組み込んだ方が得策な様ですね。

  こういう考察を日夜考えている、CB−F馬鹿野郎の報告レポートでした(笑)




帰ってきた!ナナエフカスタム奮戦記